更新情報

2018年5月

純ココア 新発売!

2018年4月

黒豆茶 新発売!

nichie

店舗内検索
SEARCH

友だち追加

スペシャルティコーヒーって

「スペシャルティコーヒー」って知っていますか?と聞くと
「何となく聞いたことあるなぁ」
「聞いたことない」
「おいしいの?」
などなどいろんなお返事をいただきます。
まずは下の表をご覧ください。

「スペシャルティコーヒー」って、
なんか良さそうなコーヒーなのかなぁと・・・
うぅ〜ん・・・なんか良さそうなのは分かったけど
何だかピンとこない・・・

日本スペシャルティコーヒー協会の
スペシャルティコーヒーの定義

消費者(コーヒーを飲む人)の手に持つカップの中のコーヒーの液体の風味が素晴らしい美味しさであり、消費者が美味しいと評価して満足するコーヒーであること。

風味の素晴らしいコーヒーの美味しさとは、際立つ印象的な風味特性があり、爽やかな明るい酸味特性があり、持続するコーヒー感が甘さの感覚で消えていくこと。

カップの中の風味が素晴らしい美味しさであるためには、コーヒーの豆(種子)からカップまでの総ての段階において一貫した体制・工程・品質管理が徹底している事が必須である。(From seed to cup)

具体的には、生産国においての栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理が適正になされ、欠点豆の混入が極めて少ない生豆であること。

そして、適切な輸送と保管により、劣化のない状態で焙煎されて、欠点豆の混入が見られない焙煎豆であること。

さらに、適切な抽出がなされ、カップに生産地の特徴的な素晴らしい風味特性が表現されることが求められる。

日本スペシャルティコーヒー協会は、生産国から消費国にいたるコーヒー産業全体の永続的発展に寄与するものとし、スペシャルティコーヒーの要件として、サステナビリティとトレイサビリティの観念は重要なものと考える。

※抜粋

簡単に言うと
「香りや味わいが分かりやすくて美味しいコーヒー」

さらに、「印象的な香りや味わいがあり、活き活きとした爽やかさと、心地よい甘さの余韻のあるコーヒー」です。なんとなく味の想像がついてきたでしょうか。
では、このスペシャルティコーヒーの味を出すために3つの要素が必要です。それは・・・
1つ目は生産者、2つ目は焙煎人(私たち)、そして3つ目はお客様です。

コーヒー生産者の方々の努力があって
スペシャルティコーヒーはできる

コーヒーがどの様に生産されているか農園を直に見る機会が少ないので実感がわきにくいと思いますが、日本でお米や野菜を育てる農家さんを想像していただくとイメージしやすいと思います。
日本の農家さんが良いものを作るために努力されているのと同じで、コーヒー生産者の方々の努力があってスペシャルティコーヒーはできるのです。

細心の注意をが必要な焙煎

焙煎とは、美味しく飲んでもらえるようにコーヒー豆を煎る工程です。
コーヒー豆は白っぽい穀物の状態で輸入され、焙煎されることで焦げ茶色の豆になるのです。当店が目指す味はまさに「印象的な香りや味わいがあり、活き活きとした爽やかさと、心地よい甘さの余韻のあるコーヒー」です。そのままスペシャルティコーヒーを存分に味わって頂けるコーヒーを目指しています。

淹れ方で変わる味

そして最後は皆様のひと手間でスペシャルティコーヒーは完成するのです。 たくさんの人の努力で完成するスペシャルティコーヒーを是非ともじっくりと味わってみてください。

>